Dipper fox 切り株クラッシャー

油圧ショベルをはじめとして、スキッドローダー・タイヤショベル等、様々な機械に取り付け可能なアタッチメントです。

特許取得済みのギアボックスが、切り株・土壌・根の抵抗に応じて速度と出力を自動調整。

残った切り株を簡単に・素早く取り除きます。

グラインダー式の様な従来の切り株カッターと比較してより安全に根株を処理できます。

どんな場所での作業に使える?

・街路上・道路脇に生えた切り株の処理

・アクセスが制限される都市での使用

・大型の採掘機が入れないような狭い区域

・狭い庭脇の切り株など周囲への配慮が必要な場所

 

切り株クラッシャーを使うとこんなに簡単

従来の切り株グラインダーと比較して5~10倍速い作業速度。

Dipper foxの最先端テクノロジーが切り株を数秒で取り除きます。

高トルク・低速回転で高い安全性・高効率を実現。

 

こんな切り株処理に困っていませんか?

環境面への配慮

通常、バケットで根を掘り起こす際、根よりも10倍以上の広さを採掘しなければなりませんが、切り株クラッシャーなら切り株が配置されている領域にのみ影響を与えます。

また通常掘り出された切り株は、集める→乾燥→木質材料、土壌から分離され、チッパーに運ばれる必要がある

Dipperfoxの場合、残された材料は木の破片であり、冬の間は土壌中の肥料に変わります。

生態学的側面に加えて、建設現場の空き地を最小限に抑えるための他の実用的な理由があります。 

こんな場所の作業でも使われています。

・太陽光現場での切り株処理

・耕作放棄地での地拵え

・林業の現場で伐採後の伐根・切り株処理

 

Dipperfox切り株カッターSC600油圧ショベルをはじめとして、スキッドローダー・タイヤショベル等、様々な機械に取り付け可能です。

SC60070㎝の深さまで根株を削りつつ、掘り進むことが可能です。高トルク・低速回転で高い安全性・高効率を実現1 ) グラインダー式のような従来の切り株カッターと比較してより安全かつ早く静かに根株を処理できます。
2 ) 根株処理時、破砕物はほぼ飛散せずその場に留まるため、場所を選ばず使用できます 3 )石が混在する現場でも使用です。SC850 pro従来の根株除去より最大10倍の効率で作業が可能です。SC850pro90㎝の深さまで根株を削りつつ、掘り進むことが可能です。破砕した切り株はそのまま肥料として活用することができます。14トン~30トンの油圧ショベルで使用できます。自動変速モーター採用完全油圧駆動(電子部品非搭載)電子部品非搭載のため、保管場所を選びません。消耗品はすべてボルト止めのためメンテナンスが容易に行えます。オイル交換頻度は毎250時間SC600は軽量のため、軽トラック等での運搬も可能(285kg)
Advertisements

お問い合わせはこちら